京都・裏寺 メシと酒「百練」

第94回 竹内まりや編

さすが竹内まりやです。

「陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く 気がつけば五十路を 越えた私がいる 信じられない速さで 時が過ぎ去ると 知ってしまったら どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ」
あー、であります。「百の扉、千の酒」を書いていたバッキー井上ではありません。これは竹内まりやの「人生の扉」という歌です。曲調も抜群です。さすが竹内まりやです。

そして「君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように 長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ」
と続いていきます。たまりません。今夜の百練恒例聞いて語る祭は竹内まりやです。「駅」です。「けんかをやめて」です。「告白」です。「家に帰ろう」です。「シングル・アゲイン」です。あーそう言えば火曜サスペンスのエンディングの歌は名曲ばかりでした。さあ、今夜はタラ鍋があります。まだチョット早いですがそんな感じになってきました。「長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ」と竹内まりやが歌ってくれています。さあ今夜も百練のあかりは灯っています。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回