京都・裏寺 メシと酒「百練」

第71回 吉田拓郎、再びの再び編

さあ今夜また日本の一夜に百練の吉田拓郎。

春だったねという歌を昔、吉田拓郎は歌っていました。

「僕を忘れた頃に君を忘れられない そんな僕の手紙がつく くもりガラスの窓をたたいて君の時計をとめてみたい ああ僕の時計はあの時のまま」

僕ら吉田拓郎と長い時間過ごしてきました。そのせいか何なのかこの百練の聞いて語る祭の最多登場になってきました。なんだか合うんです。理由もなく何だか合う。 そんなことを吉田拓郎も歌ってきたんだと思います。

昔の歌ではないけど「全部だきしめて」という歌もいい。

「全部だきしめてきみと歩いていこう きみが泣くのならきみの涙まで 全部だきしめてきみと歩いていこう きみが笑うならきみの笑顔まで」

キンキキッズも歌っていたようですがやっぱりブツブツつぶやいているような早口な歌い方の拓郎の歌がいい。今、京都にも春が来て桜が咲いています。 裏寺には桜はないけれど酒の桜はたくさん今夜も咲くでしょう。

「きみがいたから勇気を覚えて知らない場所も目をつぶって走れた きみのためにできることを あれからずっと探してる」

プロ野球も開幕しましたし百練のテレビも壊れたし買い換えました。さあ今夜また日本の一夜に百練の吉田拓郎。ええ歌をざわざわしたとこで聞きましょう。あー、今夜は少しあたたかい。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回