京都・裏寺 メシと酒「百練」

第53回 追悼、作詞家・星野哲郎編

我々にとっては父親だった。

この15日に心不全のためお亡くなりになった作詞家、星野哲郎さん。聞くところによると星野さんは昔、盛り場で酒場や居酒屋のその場その時に飛び交う漂っているフレーズをコースターや割りばしの袋などに書かれていたらしい。そうなのか、と思った。「昔の名前で出ています」では「京都にいるときゃしのぶと呼ばれたの」が出だし。「函館の女」では「はるばるきたぜ函館 逆巻く波を乗り越えて」で始まる。「アンコ椿は恋の花」では「三日遅れの便りを乗せて」、鳥羽一郎の「兄弟船」では「波の谷間に命の花が ふたつ並んで咲いている」が情景を突き立ててくる。なんとも凄い。こんな出だしもある、「ボロは着てても心は錦 どんな花よりきれいだぜ」凄いフレーズである。百練も随分、作詞家、星野哲郎さんに恩恵を受けてきました。今日の京都は少し寒いけれど、いや寒いからこんな夜はいい歌に包まれて熱燗をチョット飲もう。コッペもてっぴもくもこもあります。もちろんヌカ漬の古漬もあります。「親の血を引く兄弟よりも かたいちぎりの義兄弟」。歌は助けてくれます。さあ今夜、寒いから百練で作詞家、星野哲郎さんにふけりましょう。昔の名前で出ています。たまりません。あー。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回