京都・裏寺 メシと酒「百練」

第190回 吉田拓郎編

忘れても覚えてる吉田拓郎。声がいい。間がいい。話すことも。

“わたしは今日まで生きてみました 時にはだれかの力を借りて 時にはだれかにしがみついて わたしは今日まで 生きてみました そして今 私は思っています 明日からも こうして生きて行くだろうと”

思わず読みながら口ずさんだ方も折られると思います。こんにちは、百練広報室のバッキー・イノウエです。

もうすっかり夜は涼しくなりました。季節が移ろいでゆくのを肌で感じられます。そして今週の台風では京都も大変でした。特に嵐山、右京区、西京区、南部で被害が多かった。頑張っていきましょう。

そして今夜の百練は久しぶりの吉田拓郎です。

“下駄をならして奴がくる 腰に手ぬぐいぶらさげて 学生服にしみこんだ 男の臭いがやってくる アー夢よ よき友よ おまえ今頃どの空の下で 俺とおんなじあの星みつめて何想う”

聞きたい歌も歌いたい歌もたくさんあるのが吉田拓郎。忘れても覚えてる吉田拓郎。声がいい。間がいい。話すことも。吉田拓郎はなんだかいいんです。百練の広報室もずいぶんこの人から影響を受けていると思います。白土三平からも受けています。前田武彦からも。もちろん巨人の星もあしたのジョーも。

聞きたい歌も歌いたい歌もたくさんあるのが吉田拓郎。忘れても覚えてる吉田拓郎。声がいい。間がいい。話すことも。吉田拓郎はなんだかいいんです。百練の広報室もずいぶんこの人から影響を受けていると思います。白土三平からも受けています。前田武彦からも。もちろん巨人の星もあしたのジョーも。

“悲しいだろう みんな同じさ 同じ夜をむかえてる 風の中を一人歩けば 枯葉が肩でささやくョ どうしてだろうこのむなしさは 誰かに逢えばしずまるかい”

さあ、くよくよしないで今夜も湯気のある裏寺でチョットやりましょう。吉田拓郎の歌を聞いて飲みましょう。さあ行きましょう。カマンベール。2013/9/19

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回