京都・裏寺 メシと酒「百練」

第183回 石原裕次郎編

今夜の裏寺はきっと波止場になるでしょう。

かっこよく歌を歌うということの基本、原点、象徴は石原裕次郎だと思う。違うのだろうか。歌がうまいや歌唱力があるということよりも、歌がかっこよく聞こえて、歌い方に引き込まれてしまうのが石原裕次郎だ。

波止場を思わせるテナーサックスから始まる「夜霧よ今夜も有り難う」を今一度聞くとたまらぬ世界がある。「俺は待ってるぜ」「赤いハンカチ」「泣かせるぜ」そしてバッキー白片の名曲「俺はお前に弱いんだ」とくる。

「好きだと云えぬ 何故云えぬ 古い傷あと あるからさ ただそれだけ」「今日も明日も会えるのに 無理を云って困らせる 叱ってやれぬ何故だろう 俺はお前に弱いんだ ただそれだけ」あまりにも格好いい世界である。

「王将・夫婦駒」という歌もある。「あばれ香車なら どろんこ桂馬 乱れ角行なら向かい飛車」なんだかわからないが格好いい。

西部警察の木暮謙三警視がいきなり歌い始めた「ブランデーグラス」も忘れられない。「指で包んだ まるいグラスの底にも 残り少ない 夢がゆれている」とくる。よく聞いたらたまらんのです。ほかにもよく聞いたらたまらんのがごまんとあります。

さあ、8月最初の百練恒例聞いて語る祭はかっこいい歌の象徴石原裕次郎。今夜の裏寺はきっと波止場になるでしょう。カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回