京都・裏寺 メシと酒「百練」

第172回 さだまさし編

関白を失脚した人が百練には多い。

百練は吉田拓郎祭を4回もやっています。井上陽水も岡林信康もやっているのにさだまさし祭をなぜやっていなかったんだろう。一部のお客さんから「それは関白宣言が出来なかった、関白を失脚した人が百練には多いしちゃいますか」といわれました。そしてさだまさしの歌を聞いてみるとこれがまた染みいります。

「償い」という歌はなんなんでしょう。「月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに 必ず横町の角にある郵便局へとびこんでゆくのだった」(償いより)これを聞いて飲めない。「元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか」(案山子より)では飲める。「時には思い出ゆきの旅行案内書にまかせ あの頃という名の駅で降りて昔通りを歩く」(主人公より)

さだまさしが登場してもう40年近くなります。遠いとこまできてしまいました。今宵は、常連の酒でパーなお客さんがさだまさしのレコードを買って来てくれました。というわけで「償い」という歌を聞いてしまえば今宵どうなるかわからないけれど裏寺の灯りの中にさだまさしが流れます。さあどうなる、さだまさしどうする。カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回