京都・裏寺 メシと酒「百練」

第152回 ビギン編

こんな冬はビギンを聞いてゆっくりしたい。

街の師走もいいけれどこんな冬はビギンを聞いてゆっくりしたい。百練にしては珍しいとてもあっさりしたシンプルなご案内ですが、なんだかそんな気がします。「僕が生まれたこの島の空を 僕はどれくらい知っているんだろう」この歌が裏寺に流れる時、おそらくその店には湯気があるはずです。そして「恋しくて泣き出した 日々などもう忘れたの」が聞こえてくる時は笑い声もあるのでしょう。有り難いことです。さあ、今夜もたぶん寒いけれど百練の聞いて語る祭はビギンです。元気をだしてチョットやりましょう。カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回