京都・裏寺 メシと酒「百練」

第145回 憂歌団ふたたび編

「たくわん」という歌がありました。

随分前の憂歌団の歌に「たくわん」という歌がありました。「こんな時にもあいつのことを思い出すなんて腹が減って眠れねえのに思い出すなんて」で始まる歌です。たぶん思い出せない人が多いと思うけど、聞けば一発であの頃のようにソラで歌えるはずです。

歌のフレーズやメロディーやジャケットはまるで返りのきいた魚の骨のように俺達のどこかに今でも刺さっていたりします。もう随分時間が経ったのでその魚の骨はからだの一部と同じようになっています。 だとすれば憂歌団の骨がたくさん刺さっている人はこの京都にも多いような気がします。正味、ズタズタにいっぱい刺さっています。

バッカスの福音書その4の1の2章にこうあります。
“そこにある条件で飲みなさい。そこにないアテを欲しがってはならない。予期せぬことが起こったときはそのグラスを手にとりなさい。そのおちょこを手にとりなさい。グラスがあったところを見るとそのカウンターには、グラスを上げ下げした数と同じだけ輪っかがあるはず。いくつもの輪のグラスのあとが喜んでいる。あなたそのものがその店に含まれている。そこにある条件を祝福なさい。”

そして憂歌団が歌います。「嫌んなった もう駄目さ だけど クサるのは止めとこう」このフレーズの骨も刺さったままでいっぱいやりましょう。  もうこれだけ寒いと怒濤の熱燗、火照りそうな焼酎、ホヤの塩辛にミノ天に貝塚が出来るほどの貝。寒いから熱い酒がある。暑い時には冷えたビールがある。世の中にはそんなことがたくさんある。 さあ今年もいよいよ第四コーナーに入ろうとしています。今宵の百練聞いて語る祭は憂歌団。渋いドラムを聞きましょう。カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回