京都・裏寺 メシと酒「百練」

第143回 三度目の柳ジョージ&レイニーウッド編

いつも黄桜の二級酒を飲んでいた。

「Time in Changes」というアルバムだったか「WEEPING IN THE RAIN」というアルバムだったかわからないけど、俺がお酒と出合い始めた頃にこういうアルバムが手元にあった。あの頃、離れの二階が俺の部屋だった。なぜかでかいベッドと木目調のでかいステレオと本棚だけのペンキだらけの部屋だった。いつも黄桜の二級酒を飲んでいた。水くさくてうまかった。そして柳ジョージのレコードをかけると飲まなければカッコが悪い感じがした。飲めばボリュームが小さく思えてチョット上げる。そするとまたコップに酒をつぐ。またしばらくするとボリュームが小さく思える。そうこうして隣に住んでいた奴や夜になればどこかからやって来る奴なども黄桜の二級酒を飲んでいた。「雨に泣いている」ではなく「雨に泣いてる」を聞きながら何を話して飲んでいたんだろう。
柳ジョージは「自分がだらしないので、歌だけはカッコイイ男の歌を歌ってるんです」となんかの取材で答えていたそうです。あー、今日は歌ってしまいましょう。「頬濡らすそぼ降る雨の優しさに 溺れることもできないで」

百練の酒は澤屋まつもとです。今日からおいしい汐ダラの一人鍋もご用意しています。ホヤの塩辛もあります。壬生菜のよく漬かったヌカ漬もあります。

バッカスの福音書その2の5の3章にこうあります。“毎日毎日乾杯をしなさい。それを一年十年三十年五十年続けなさい。乾杯のグラスがカラになってもおちょこになっても湯飲みになってもそれを続けなさい。それが出来た人生は不成功であってもゴキゲンに満ちている。”

さあ、今宵は三度目の柳ジョージ&レイニーウッド。チョット聞いては熱燗を飲みましょう。きっといい酒カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回