京都・裏寺 メシと酒「百練」

第134回 今の矢沢永吉と宇崎竜童編

うーむ、こっこれは。であります。

「虹を見ちまったんだよ遠い少年の夏 いのち賭けてもいいほど美しい何かを」

これは矢沢永吉の新しいアルバムのラストソングという歌の一節です。あー、なんでしょう。熱いオリンピックや今真っ盛りの夏の高校野球にも街の明かりの中でのことも全部つながっている気がします。 そしてこう歌っています。

「少年のおれが今のおれに叫ぶ“旅をつづけろ”と まだ歌えない My Last Song…」うーむ、こっこれは。であります。

宇崎竜童は新作の「涙なんだ」でこう歌っています。

「もういいのさ我慢しなくて 思いきり泣きなよ 僕の胸はそのためにある あなたを受け止めるため」

百練もいつの日か「涙なんだ」になって、朝が来たら旅を続けることの起動のひとつになればいいなと思っています。ロンドンも甲子園もあるお盆に近い夏の日の木曜日。路地裏の裏寺だけど、今宵は今も走り続ける矢沢永吉と宇崎竜童の新しいアルバムです。さあ、カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回