京都・裏寺 メシと酒「百練」

第125回 ニーナ・シモン編

すべての色が変化するあの歌です。

このあいだこんなことを書きました。

「若い頃、俺は自分から居酒屋に行くことはあまりなかった。居酒屋というなんでもありなところに人はなぜ行くのかと思っていたし、ほかにいかねばならないところがたくさんあった。
宵の口にはバーに行かねばならなかった。午後4時から開店するバーには4時に行かねばならなかった。大阪に行けば5時開店のバーに合わせて仕事や用事をすませないといけなかった。ロイヤルホテルのリーチバーには出来るだけ陽が高いあいだに行ってカウンターでギムレットのミストを何杯も飲まねばならなかった。しかもそこに行く時にはいい靴音がする靴を履いて行かねばならなかった」そんなことを書いた。

けれども百練は何でもありである。そしていつも宴の後半はカチャーシーな状態になっている。先日の東華菜館でもそうなっていました。四条大橋を歩く人達がみんな見上げていたそうです。そんなこともあって今宵はグッとくるニーナ・シモン。アイラビュー、ポギーです。最高の歌声、最高の感度、すべての色が変化するあの歌です。さあもう六月も七日です。チョットやりましょう。あー、カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回