京都・裏寺 メシと酒「百練」

第117回 フランク・シナトラ編

さあ我々も負けずにチョット洒落てやりましょう。

実は名前が格好いいんです。フランクです。シナトラです。以前百練の姉妹店であるハワイアンルーム・ケルトのパーティーの案内状にこんな文章がありました。チョット長いけど抜粋します。

“1956年のグレース・ケリーとビング・グロスビーの映画「上流社会」では、グロスビーとシナトラがバーカウンターの前で踊って飲みながら「バーでお尻をつねられたとさ、ごきげんだね」と歌い、「僕たちが歌うのは珍しい、古いカマンベールのように」とも歌っていました。そしてグレース・ケリーがビング・グロスビーとトゥルーラブを歌っています。我々が若かった時代の音楽や映画や芸術は、褪せることなく輝きを放ち続け、今もっとも現代の若者達から注目されています。”

フランク・シナトラが歌っていた頃というのはハワイアンルーム・ケルトのお客様がナイトクラブで青春を謳歌した時代だと聞いて、凄い青春やったんやなと今も思っています。街の先輩達は本当に魅力的です。さあ我々も負けずにチョット洒落てやりましょう。だって今日は「夜のストレンジャー」になって「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」を歌って飲める夜なんだから。さあ、カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回