京都・裏寺 メシと酒「百練」

第113回 アマリア・ロドリゲス編

アマリア・ロドリゲスが叫び呻き嘆き泣く。

とうとうこの百練聞いて語る祭もアマリア・ロドリゲスまでやってきました。実に感慨深いことです。ポルトガルは遠い国です。でもこうして日本の京都の裏寺の安酒場でアマリア・ロドリゲスの歌を聞いて飲もうという奴がいる。それはマニアでもなくお洒落でもなく粋がりでもない、「今夜もここでこうしているよ」という店の、人の、チョット濡れた地団駄である。百練でほんとに地団駄を踏むと床が抜けるのでこの店の掟は足をステップさせるかわりにグラスの上げ下げをすることだ。昔からそうなっている。ヒヤを熱燗を岸和田の酒屋から届く赤ワインをなみなみと注いだグラスを上げ下げする。あの名曲「暗いはしけ」がそれを促す。アマリア・ロドリゲスが叫び呻き嘆き泣く。「浜の老婆達はあなたがもう帰ってこないという」「私のこの胸の中にいつもあなたは私と一緒にいる」「あーあーあーあー アーアーアーアー」ギターも絡みつく。あーもうどうなるんだろう。ファドと三月か。思い浮かべる。あーアマリア・ロドリゲス。カマンベール。

続・百練の聞いて語る祭り

第320回〜

第310回〜319回

第300回〜309回

第290回〜299回

第280回〜289回

第260回〜第269回

第250回〜第259回

第240回〜第249回

第230回〜第239回

第220回〜第229回

第200回〜第209回

第190回〜第199回

第180回〜第189回

第160回〜第169回

第150回〜第159回

第140回〜第149回

第130回〜第139回

第120回〜第129回

第110回〜第119回

第100回〜第109回

第90回〜第99回

第80回〜第89回

第70回〜第79回

第60回〜第69回

第50回〜第59回

第40回〜第49回

第30回〜第39回

第20回〜第29回

第10回〜第19回

第1回〜第9回